本文へスキップ

相続分と遺留分-千代田区神田の税理士 会社設立

相続分について

相続分について

相続人についてのページで、相続人の順位について説明しましたが、続いては相続分について説明します。

配偶者と子供が相続人の場合は、配偶者1/2 子供1/2 
※子供が複数いる場合は1/2の金額をさらに子供の人数で割る

配偶者と被相続人(亡くなった人)の親が相続人の場合は、配偶者2/3 親1/3
※両親がいらっしゃる場合は1/3を父と母の2人で分ける。つまり1/6ずつ

配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合は、配偶者3/4 兄弟姉妹1/4
※兄弟姉妹が複数いる場合は、1/4を兄弟姉妹の人数で割る

基本的にはこのような感じになります。自分が死亡した場合、誰にどう財産がいくのかを考えてみてください。

※非嫡出子や、兄弟姉妹と半分しか血がつながっていなかったりする場合については、今後説明します。

遺留分

遺留分とは、法律上最低限取得することができる相続分のような感じで考えてみてください。

夫、妻、子供2人のような家がある場合
夫が亡くなれば、相続分は妻1/2 子2人は 1/4ずつ となりますよね。

しかし、この
夫に愛人がいて財産をすべて愛人に渡すという遺言書を残していたらどうでしょう。

相続人以外の人間に財産を残す遺言書のページ

家庭内で何があったのかはわかりませんが、遺された妻や子供たちは生活ができないかもしれません。
そのためにあるのが遺留分。

基本的には相続分の1/2が遺留分です。

財産が1,200万円の場合、本来の相続でしたら
配偶者 600万 子供 300万ずつとなりますが

遺言書で愛人が1,200万すべて取得する場合は
遺留分として
配偶者は600万の1/2=300万
子供は300万円×1/2=150万
までその愛人に財産を請求することができます。

つまり1,200万円の1/2の600万円までは法律で守られているということになります。

※相続によって、状況が変わりますので、お悩みの時は専門家に相談をしたほうがよいです。


上記のようなトラブルが想定される場合、当事務所の顧問先であれば無料にて相談を受け付けております。
会社経営と同じですが、うまくいくことだけを考えずにトラブルがあった時のことを想定して事前に対策をとりましょう。
税理士には守秘義務がありますので情報が漏れることはありません。

千代田区神田の税理士事務所 佐藤修治税務会計事務所
新着情報(H27/12/16)
事務所便りを追加しました
新着1税務調査と更正と決定
新着2目標設定ファシリティ
新着3経費削減と節税について


税理士 千代田区 神田

千代田区神田の税理士

 サービス提供エリア
東京都
千代田区神田他東京23区、立川市、三鷹市、小金井市、小平市、武蔵野市、国分寺市
 千葉県
松戸、千葉、我孫子、市川、野田、船橋、習志野、流山、鎌ケ谷
 神奈川県
川崎、横浜
 茨城県
取手、牛久、土浦
 埼玉県
春日部、さいたま、越谷、川口
 その他
提供エリア外でも、方法によっては引き受けることができますので、是非ご相談ください。
※当方より訪問せずに事務所(千代田区神田)に来所していただけるのであれば、所在地にかかわらず顧問契約が可能です。
千代田区神田の税理士事務所
神田の事務所までは
千代田区神田駅から徒歩4分
千代田区淡路町駅から徒歩6分
千代田区小川町駅から徒歩6分

     
 お役立ち情報(税務・経営)
 銀行借入 考え方
 銀行借入 創業時
 会社設立時の銀行付合い
 税務調査 その1
 経理の重要性
 節税の考え方
 経費削減の考え方
 税金の罰金と利息
 売上請求の注意点
 領収書の実務
 クレジットカードの実務
 遺言書は大事
 青色申告個人
 法人設立時の印鑑
 退職金はお得
 法人税の基本
 消費税の基本
 相続税の基本
 贈与税の基本
 事務所便り
事務所便りH26 9月-12月
事務所便りH26 5月-8月
事務所便りH26 1月-4月
消費税Q&A その1
消費税 経過措置
税制改正<H25>
税制改正<H26>
相続税・贈与税の節税
採用情報
千代田区神田の税理士事務所

佐藤修治税務会計事務所

千代田区 税理士顔
代表税理士プロフィール
〒101-0047
東京都千代田区内神田2-15-15
竹橋ビル503

TEL 03-3526-3792
FAX 03-3526-3794
AM9:00〜PM5:00

 アクセス
 千代田区
神田駅から徒歩4分
 写真で見るアクセス
 千代田区
淡路町駅から徒歩6分
 千代田区
小川町駅から徒歩6分

 写真で見るアクセス
お気軽にご相談ください